瞼にできるシミを作らない、ノンケミカル日焼け止めは使うべき?

肌は常時UVにさらされています。美意識の高いマミーなら、タイミングもウエザーも問わず、紫外線カットアイテムを使用していることでしょう。一際日焼け止めクリームは、ほとんどの人が使っていますよね。
しかし肌質によっては、デイリー使うため肌荒れを起こすこともあるので、最近ではノンケミカル日焼け止めが注目を集めています。
では、ノンケミカル日焼け止めのプロパティはどんなところにあるのでしょうか。メリットとデメリットを比較してみましょう。

 

ノンケミカル日焼け止めは、物理的にUVを防ぐことが出来るので、肌質を問わず使用することが出来ます。
既存日焼け止めは、UVと化学反応を起こすため日焼けを防ぎます。それに対し、ノンケミカル日焼け止めは、UVを返照するため日焼けを防ぐので、肌への負担を減らすことが出来るのです。
また、石鹸などで簡単に洗い流せるものが多いということも、肌が弱々しいユーザーにとってはプラスですね。

 

しかし、ノンケミカル日焼け止めは、塗るときにファクターが必要です。増量が悪いので、紫外線カットインパクトを均一に出すためには、ムラ無く塗らなくてはいけません。
白浮きし易いのも問題のひとつです。ベタ付きもあるので、直ちにメイクをしたい瞬間やアパレルを着たい時折、適さないと言われています。
UV防護効果が高いものは、あまりありません。ですから、外出するときはほかの紫外線カットアイテムと併用しましょう。

 

UV会得剤の日焼け止めも、UV散乱剤の日焼け止めも、それぞれのプラス・問題があります。
日傘や色眼鏡などの紫外線カットアイテムと併用して、上手に体を守りましょう。